逆SEO対策とは何なのかを説明します

企業やフリーランスがビジネスをする上で、ブログ・サイトはさまざまな役割を果たしています。商品・サービスを直接提示したり、また個人の場合は過去の作業やワークのポートフォリオとなる場合もあります。また、あらゆる面で必要なのがアクセス数であって、多くの企業・ビジネスパーソンがSEO対策を施していることでしょう。では、その中で「逆SEO対策」という単語を聞いたことはあるでしょうか。SEO対策は大きな企業から、個人のアフィリエイトサイトまで、あらゆるサイト・ブログにおいて必要だったりしますが、特にこの「逆SEO」が必要となるのは大きな企業・ビジネスパーソンのみなので、なかなか耳にする機会がないかもしれません。この機会にぜひ覚えて、有効に利用しましょう。

「逆SEO対策」とは一体どんなもの?

逆SEOとは、アクセス数を上げる「SEO」の逆、つまりアクセス数を下げる行為を指します。SEOではアクセス数をアップさせる、つまり検索順位を上位に引き上げるための対策を行うのですが、反対に逆SEOでは、Googleなど検索エンジンでの検索順位を下げるために対策ということになります。見てもらいたいサイトをSEOで上位に持ってきて、見てほしくないサイトを逆SEOで順位を下げる、というような仕組みです。「サイトは見てもらうことに意義があるのに、見てほしくないってどういうことだろう」とお思いでしょうが、インターネット社会における匿名性の問題、「不当な批判や誹謗中傷」が大きく関わっているのです。インターネットの負の部分、闇ともいえる部分の対策として、大きな効果のある手段です。

自社に大きな被害の出る声をできるだけ小さくする方法

たとえば、自社の商品が言われのない批判を受けている、またはCMやイメージキャラクターとして採用されたタレントが炎上しているなどで、自社に対して攻撃的な内容や、誹謗中傷・不当な批判を浴びているときに有効なのがこの「逆SEO」です。クライアントや顧客にはイメージダウンに繋がるので、こういったサイト(主ににちゃんねるなどの巨大掲示板など)を見てほしくありません。しかしこういったサイトに削除依頼を出しても受理されないことがほとんどで、むしろその依頼をした行為そのものすら、さらなる炎上の燃料となってしまうこともしばしば。また、言論の自由を盾にされてしまうことも大いに考えられます。そこで有効になる方法が、検索結果表示順位を下げる、「逆SEO」になります。

インターネットの誹謗中傷でお悩みの方は気軽にご相談ください。 学校の裏サイトなど、学校も風評被害の対策は必要です。 掲示板に悪評を書き込まれた、ブログで嫌がらせを受けたなどございましたら、まずはご相談ください。 ネガティブサイトを見せないようにしたい、逆SEO対策が必要なお客様へ。 ブログや掲示板への書き込みを消したい方へ。 確かな実績でお客様のご要望にお応えしていきます。 逆SEO対策は【シエンプレ】が徹底サポートいたします